About us

Project members

Facilitating Artist – Mayu Kanamori
ファシリテーター・アーティスト ー 金森マユ

I am a Japanese born artist based in Marrickville, Sydney. My projects often focus on story telling and community collaboration with themes involving the Japanese experience in Australia. I am a photographer by trade, but I also work in video, write plays, blogs and poetry, create audio-visual installations, and make performances. My recent works include: ‘You’ve Mistaken Me for a Butterfly,’ a performance about an early Japanese prostitute in the WA Goldfields; ‘Through a Distant Len’s, a play about the search for missing photographs by a prewar Japanese Australian photographer; and’ ‘In Repose’, site-specific performances and installations at Japanese Cemeteries in Townsville, Broome and Thursday Island. My recent projects with collaborator Chie Muraoka included the Cowra Japanese Cemetery Online Database, Cowra Voices heritage smartphone app and Nikkei Australia Online.

シドニーを拠点とする日本生まれのアーティストです。 作品の 多くはオーストラリアでの日本人・日系人の体験をテーマにした物語や関わるコミュニティーとのコラボレーションに焦点を当てたものです。 もともとは写真取りですが、ビデオ、演劇のシナリオや詩を書いたり、音声・映像のインスタレーションを創ったり、パフォーマンスの仕事もしています。 最近の作品は西オーストラリアの金鉱山で働いていたからゆきさんの物語 『You’ve Mistaken Me For A Butterfly』や戦前オーストラリアで活躍した日本人写真家の失くなった写真の捜索劇『Yasukichi Murakami: Through A Distant Lens』、タウンズビル、ブルーム、木曜島にある日本人墓地でのサイト・スペシフィック・パフォーマンス『In Repose』等があります。このプロジェクトのコラボレーターである村岡稚恵さんとはオーラルヒストリー・スマホアプリ『カウラ・ボイセズ』、『カウラ日本人戦争墓地オンライン・データベース』や『日系オーストラリア・オンライン』 などがあります。

 

 

Web Designer, Developer & Master – Chie Muraoka
ウェブ・デザイナー・ディベロッパー・マスター ー 村岡稚恵

I graduated from Nakanoshima Art College in Japan, then University of Technology, Sydney in Graphic Design. I received a diploma in Digital Media and a certificate (4) in Interactive Digital Media at TAFE, NSW. I worked as a graphic designer at Hanshin Electric Railway Co and designer at IFIX in Sydney before starting my own web development and design business Tramindo, based in Dulwich Hill, Sydney. In recent years I have been collaborating on not-for-profit and educational community based screen projects, incorporating design strategies with audio, visual, complex search and collate, and geo-locative functions to assist in community story telling and international student exchanges. My recent projects with collaborator Mayu Kanamori included the Cowra Japanese Cemetery Online Database, Cowra Voices heritage smartphone app and Nikkei Australia Online.

中之島美術学院でグラフィックデザイン、シドニー工科大学でDTPを学び、ニューサウスウェールズ州立専門学校にて、デジタルメディア 及びインタラクティブ・デジタルメディア学科を修了。阪神電気鉄道にてグラフィックデザイナー 、及びシドニーのIFIXにてデザイナーとしての勤務を経て、シドニーに拠点を置く ウェブ開発・デザイン事務所Tramindoを始めました。 非営利団体や教育団体をベースにしたスクリーンプロジェクトにも協力し、音声、視覚、 検索と照合、地域特有の機能などを組み込み、コミュニティーのためのストーリーテリング・プロジェクトや 国際学生交流を支援しています。 このプロジェクトのコラボレーターである金森マユさんとはオーラルヒストリー・スマホアプリ『カウラ・ボイセズ』、『カウラ日本人戦争墓地オンライン・データベース』や『日系オーストラリア・オンライン』 などがあります。

 

 

Project Coordinator – Jacqueline Schultze
プロジェクトコーディネーター ー ジャクリーン・シュルツ

I am a professional arts administrator, with extensive experience in exhibition, volunteer and facility management. I have an appreciation of the vital role of the arts in the community, having worked for small rural communities as a regional art gallery director as well managing cultural and visual arts programs within larger metropolitan settings for both arts organisations and municipal facilities. Since 2014 I have managed my own arts consulting business and work primarily in the areas of creative networking, curatorial, arts project management, mentoring, and research services. I was the Director of the Cowra Regional Gallery from 2003 until 2007, and recently worked with Mayu Kanamori and Chie Muraoka as Project Manager for Cowra Voices heritage smartphone app.

大都市圏の芸術団体や自治体のビジュアルアーツプログラムのマネージメントの経験や、地方コミュニティでの地域のアートを通しての活性化など、様々な施設にて展示会、ボランティア及び施設マネージメントなどの豊かな経験をいかし、コミュニティにおける芸術の重要な役割を推進する活動をしています。2014年以降、アート・コンサルティング・ビジネスを運営し、主にクリエイティブ・ネットワーキング、キュレーター、アート・プロジェクト・マネジメント、メンタリング、リサーチ・サービスなどの分野で活動しています。2003ー2007年までカウラ・リージョナル・アート・ギャラリーのディレクターを務め、最近では金森マユ、村岡稚恵と共に、スマートフォン向けのヘリテージ・アプリ『Cowra Voices』のプロジェクト・マネージャーを務めました。

 

 

Art Producer – Sandy Edwards
アートプロデューサー ー サンディー・エドワーズ

I was a freelance Photographer specialising in portraiture and the arts from 1977. My passion for photography led me to become a Photography Curator and Creative producer in 1991 when I joined Stills Gallery, Australia’s most successful photographic gallery. In 2008 I founded Arthere, a new gallery model that provides services for photographers to succeed in the art world. Stills Gallery closed in 2017, Arthere is still operating. I have operated inside and outside the conventional gallery model, acknowledging how relevant and adaptable photography is in our lives. It can be vernacular (family photographs), high art or passionate story telling.

ポートレートやアート専門のフリーランス・フォトグラファーとして、1977年に写真活動をはじめました。写真への情熱がきっかけで、1991年にオーストラリアで最も成功を遂げた写真ギャラリー、『Stills Gallery』(2017年閉館)に入社し、写真キュレーター及び、クリエイティブ・プロデューサーとして務めた後、写真家がアートの世界で成功するためのサービスを提供する新しいギャラリーモデル、『Arthere』を2008年に設立。写真の生活内の関連性や適応可能を認識し、従来のギャラリーモデルの内側でも外側でも活動しています。それは、ヴァナキュラー(家族写真)でも、ハイアートでも、情熱的な物語を伝えることが出来ると確信しています。

 

 

 

Osaka Bureau Chief – Colin Smith
大阪事務局長 – コリン・スミス

I’m an artist, and writer and translator of art texts, originally from New Jersey, USA and living in Osaka since 1998. Being fascinated with old, historic and mysterious things, I’m honored to be involved in this project. Many of these photos were taken in the Kansai region of Japan where I live, and I hope to connect with these people and their families. I have a personal interest in found photography, and in my own work I use found or readymade objects and images (some of these can be seen at qolinsmith.com.) How will the story of these photographs progress? I’m excited to see.

米国ニュージャージー州の出身、1998年から大阪に在住している芸術家で、アート専門のライター、翻訳家でもあります。歴史を感じる古いものや不思議なことにとても興味があり、今回のプロジェクトに参加できてたいへん光栄です。これらの写真の多くは私が住んでいる関西地方で撮影されたものなので、写っている方々、そのご家族と繋がることができたらと思っています。私自身、ファウンド・オブジェ、イメージ、既製品を使用して芸術作品の制作に取り組んでいますので(一部の作品は qolinsmith.com でご覧いただけます)、こういったファウンド・フォトは大変興味深く、どう物語が進んでいくのか楽しみです。

 

 

 

Osaka Support Staff – Hiroyo Kondo
大阪サポートスタッフ ー 近藤ひろよ

I am a former nurse and have worked with severely handicapped children. Since I left my job as a nurse, I’ve been making glass bead accessories as a hobby. I love old things, and I wanted to support Mayu’s project in any way I could.

私は元ナースで重症心身障害児に係わってきました。ナースを辞めてからは趣味のとんぼ玉(グラスビーズ)のアクセサリー制作を続けてます。古い物が好きで、マユさんのプロジェクトを少しでもサポート出来ればと思い参加しました。

 

 

 

Geelong Community Officer – Kanako Goeppert
ジーロング・コミュニティー・オフィサー ー ゴパート夏南子

After completing my degree in Media & Communications at Deakin University in Geelong, I lived in Germany and Switzerland, and now I am living in Geelong again. I am happy to be involved in an exciting project like this in Geelong, my second home town. I hope to find some clues in Geelong.

ジーロングのディーキン大学、メディア&コミュニケーションを卒業後、ドイツやスイスでの生活を経て、ジーロングで暮らしています。私の第二の故郷であるジーロングで、こんなにわくわくするようなプロジェクトに関わることができるなんて、とっても幸せです。ジーロングから何か手がかりをつかめたらうれしいなと思っています。

 

 

Untitled.Showa is a project funded by the Inner West Council
Untitled.Showa はインナーウェストカウンセル助成企画です

Inner West is a uniquely creative community with vibrant and diverse neighbourhoods living side-by-side in harmony. We’re a proud community made up of different cultures, ideologies and experiences that define us. Inner West Council acknowledges that this land area traditionally belonged to the Gadigal and Wangal peoples of the Eora nation.

インナーウェストは活気に満ちた多様な地域が調和し、共存している、ユニークでかつ、創造的なコミュニティです。私たちのコミュニティーは異なる文化、イデオロギー、経験からなる誇りあるコミュニティです。私たちはこの土地が伝統的にエオラ族のガディガル族とワンガル族に属していたことを認識しています。

 

Project Partners