Good Faith & Orphan Works Statements 善意と孤児著作物についての宣明

STATEMENT OF GOOD WILL

Untitled.Showa is a project that attempts to collectively find ways to return 308 orphan photographs, and 20 documents/paper objects to either the individuals in the photographs, their family/ies, its copyright holder/s or to find an appropriate archive for them.

The website https://untitled.showa.com.au/ is an online portal which displays these photographs and documents/paper objects, and calls for, and enables those interested to participate in researching ways to return them in good faith.  Online and physical research workshops will be provided for groups who wish to conduct the research, which include providing legal information and ethical foundations. Untitled.Showa web master moderates and approves/disapproves all comments made on its website and forums to maintain good will.

Untitled.Showa welcomes all communications, and would like to be notified by:

  • The copyright holder/s
  • Individuals in the photographs or those mentioned in a document/object in the collection
  • Family members of the individuals in the photographs or those mentioned in a document/object in the collection
  • Individuals or organisations who know who the copyright holder should be (such as an heir)
  • Individuals or organisations who know anyone in the photographs
  • An institution interested in archiving the photographs.

Upon notification, verification, and consultation, Untitled.Showa aims to:

  • Exclude the particular image from the website and all related activities unless the people in the photographs, their families or the copyright holder wishes to have the particular and or all images continue to be included. In practical terms, this will result in these particular images being removed from the website and all related activities, and replaced with the text, “Reunited”.
  • Return the original found print.
  • Add a copyright notice on particular and or all images if the copyright holder wishes to have their images remain on the website and included in all related activities.

POSITION STATEMENT: ORPHAN WORKS

Orphan works are in-copyright works where the creator cannot be identified and/or located, which makes obtaining permission to use impossible. Orphan works cover all formats (analogue and digital).

Photographs displayed in Untitled.Showa are orphan works. Although the initial copyright holder/s probably are deceased, due to the estimated dates when the images were created, there would most probably be legal copyright holder/s today. Untitled.Showa as a project seeks to locate these copyright holder/s.

Untitled.Showa anticipates and welcomes ongoing copyright reform to improve access to orphan works. Untitled.Showa supports the introduction of legislative reforms in Australia to modernise the Copyright Act 1968 (Cth) and to address the issue of orphan works so that both institutions and individuals have the right to freely and fairly use orphan works following a reasonably diligent search for the rights holder. Untitled.Showa further advocates the adoption of a limited liability scheme for both institutions and individuals provided a reasonably diligent search has been undertaken, and the use is in good faith.

The Government has proposed a limited liability scheme for use of orphan works. The proposed reforms were announced by Hon Paul Fletcher MP, Minister for Communications, Cyber Safety and the Arts, on 13 August 2020.

Currently, the Act does not provide an exception or defence for orphan works specifically. A fair dealing exception exists; and covers the following:

  • research or study
  • criticism or review
  • parody or satire
  • reporting the news,
  • or giving legal advice.

The proposed reform to the Act sets out the introduction of a limited liability scheme for use of orphan works. This scheme will allow the use of copyright material where:

  • a reasonably diligent search has been undertaken, but the copyright owner cannot be identified or located;
  • and as far as reasonably possible, the work has been clearly attributed to the author.

DILIGENT SEARCH

Untitled.Showa advocates undertaking a reasonably diligent search for the rights holder before using an orphan work. In keeping with international practice, a reasonably diligent search may be scalable or modified as appropriate to the context and intended use of the material.

Untitled.Showa as a project aims to find the rights holder/s of the collection of orphan works. In practice, Untitled.Showa has made reasonable searches with the amount of information on and about the work that were initially available, and is continuing to make searches into locating the rights holder/s of the works through the Untitled.Showa project, which provides a greater level of resources, professional expertise and public exposure. Although this will not change the copyright protection of a work, Untitled.Showa believes that widening parameters for a reasonably diligent search provides a practical solution, as this will provide opportunities, through public exposure, to reunite rights holders with their works.

Quantifying the search effort will be dependent, but not limited to, criteria such as:

  • the amount of information on or about the work that is initially available
  • the age and uniqueness of the work
  • the prominence and extent of the use of the work
  • whether the work is of a commercial nature.

Untitled.Showa as a project is not of commercial nature, and the orphan works nor any derivative artworks are not for sale, and research workshops are free of all charges.

POSITION STATEMENT: RIGHTS OF PUBLICITY AND PRIVACY

Rights of Publicity and Privacy protects individuals from unauthorised usage of their image. Photographs displayed in Untitled.Showa are unauthorised. Although many individuals photographed may have deceased, others may be alive today.

Untitled.Showa aims to find those individuals in the photographs or their families, and if successfully found, return to those individuals, the original print, and these particular images removed from the website and all related activities, replaced with the text, “Reunited”.

Although currently there are no specific laws in Australia and Japan which protect the rights of individuals from unauthorised public display of their image or belongings, Untitled.Showa supports the right of the individual to:

  • Not be defamed
  • Not to be misrepresented
  • Life, liberty and pursuit happiness

Untitled.Showa takes caution with good will at all times to not to cause injury to someone’s reputation, to mislead or deceive through use of a person’s image, belongings, and to hinder life, liberty and pursuit happiness.

 

善意 (グッドウイル)と孤児著作物 (orphan works)についての宣明

善意 (グッドウイル)

Untitled.Showaプロジェクトの目的は、持ち主の分からない写真308枚と20件の文書および紙製の品を本来の持ち主に返却することです。持ち主とは、写真に写っている個人やその家族、またはこれらの画像の著作権者などで、見つからない場合には、適切な保管先を探すことを目指しています。

私たちのウェブサイト「https://untitled.showa.com.au」は、持ち主が不明の写真や文書、紙製の物品を一般に公開しています。これらの物品を持ち主に返却することに誠実に取り組み、その方法を調べる人を募って、彼らを支援するオンラインポータルです。

調査への参加を希望するグループには、法的な情報や倫理的な基盤などについて、オンラインそして対面でのワークショップを提供します。Untitled.Showaでは、誠実な信念を常に維持するため、ウェブサイトの運用管理責任者がそのウェブサイトやオンラインフォーラムに投稿されたすべてのコメントについて仲裁し、その投稿を承認するかしないかを判断します。

Untitled.Showaはあらゆる問い合わせ、特に以下の方々からの連絡を歓迎します:

  • 著作者・著作権者
  • 写真に写っている個人の家族、または収集した文書や物品に名前が残されている個人
  • 著作権が誰に帰属するかを知っている個人や団体(例:相続人など)
  • 写真に写っている個人が誰かを知っている個人や団体
  • 写真のアーカイブ(記録保管)に関心のある機関

Untitled.Showa は、連絡を受けた後に検証と相談を行い、以下を行うことを目指します:

  • 写真に写っている人や彼らの家族、または著作権者が特定のまたは全ての画像について、ウェブサイトでの掲載やほかの全ての関連した活動に用いられることを希望しない限り、その特定の画像をウェブサイトとほかの全ての関連した活動から除外する。具体的には、画像をウェブサイトや関連の活動から削除し、「Reunited」(再会済み)と文字で置き換える
  • オリジナルプリントの返却
  • 著作権者が画像について、引き続きウェブサイトに掲載し、またほかの全ての関連した活動に用いられることを希望する場合、指定された画像または全ての画像について著作権情報を表示する

私たちの立場:孤児著作物

孤児著作物(orphan works)とは、著作権者が不明、または著作権者の居場所が分からないために著作権者から使用許可を得られない著作物のことです。孤児著作物の対象範囲はアナログからデジタルまで、全ての形式を含みます。

Untitled.Showa に掲載されている写真は孤児著作物です。これらの画像が制作された時期を踏まえると、当時の著作者はすでに亡くなっていると思われますが、現在においても法的な著作権者がいるはずだと考えています。Untitled.Showa は、これら現在の著作権者を探すプロジェクトです。

Untitled.Showa は、現在行われている著作権法の見直しについて、孤児著作物へのアクセスの改善につながることを期待し、歓迎します。Untitled.Showa は、オーストラリアの「1968年著作権法」(Copyright Act 1968 ((Cth))を現代化し、孤児著作物をめぐる問題を対処するために、著作権法の改正案を議会に提出することを支持します。この法改正により、著作権者を探すための常識的で入念な調査を行うことを前提として、孤児著作物を自由かつ公正に使用できる権利が個人や機関に与えられることを望みます。Untitled.Showa は、連邦政府が提案する有限責任スキームの導入を支持します。これは、著作権者を探すための常識的で入念な調査が行われ、その目的が誠実なものであることを条件に、孤児著作物を使用する個人や機関に対して導入されるものです。

この孤児著作物の使用における有限責任スキームの導入は2020年8月13日に、連邦政府のポールフレッチャー通信・サイバーセーフティ・芸術担当相が発表しています。

現行の著作権法では、特に孤児著作物に的を絞った権利制限規定(例外やディフェンス)は明確に設けられていません。一方でフェアディーリング規定は盛り込まれており、その適用範囲は以下となります:

  • 調査または研究
  • 批評または評論
  • パロディまたは風刺
  • 報道
  • 法的サービスの提供

提案されている通りに著作権法が改正され、孤児著作物の使用における有限責任スキームが導入された場合、以下の状況において著作物の使用が許可されます:

  • 常識的で入念な調査の結果、著作権者が不明または著作権者の居場所が分からない;
  • そして合理的な範囲で、その著作物の作者(author)が明確に記されている

入念な調査

Untitled.Showa は、孤児著作物を使用する際には、使用前に、その著作権者を探すための常識的で入念な調査を行うことを強く支持します。国際的な慣習に基づくと、この「常識的で入念な調査(reasonably diligent search)」は、状況や使用目的に応じた適正な形で、その範囲が変更・修正されることがあります。

Untitled.Showa は、収集された孤児著作物の著作権者を探すプロジェクトです。Untitled.Showa は実際に、孤児著作物について当時入手できた情報を頼りに、常識的な調査を行いました。さらに現在もUntitled.Showa プロジェクトを通じて著作権者の居場所を探す取り組みを続けており、Untitled.Showa プロジェクトではこれらの取り組みに対して、高い水準でのリソースや専門知識、そして一般の人の目に触れる機会を提供しています。著作権の保護について変更をもたらすことにはなりませんが、Untitled.Showa は、「常識的で入念な調査」が意味する範囲や条件を今後拡大することが、現実的な解決策であると信じています。多くの人の目に触れることで、孤児著作物とその著作権者を再び結びつける機会を生み出すことができるからです。

調査や取り組みの内容を評価するのに、以下の基準があります(基準はこの限りではありません):

  • 孤児著作物について当初入手し得た情報量
  • 孤児著作物の古さと独自性
  • 孤児著作物の使用についてそのプロミネンスと範囲
  • 孤児著作物における商業的要素の有無

Untitled.Showa はプロジェクトとして商業性はなく、収集した孤児著作物やすべての二次的著作物は非売品です。また、調査のためのワークショップへの参加は無料です。

私たちの立場:パブリシティ権とプライバシー権

肖像権(パブリシティ権とプライバシー権)は、許可をしていない画像が無断で使用されることがないよう個人を守っています。Untitled.Showa に掲載されている写真は許可を得ないまま掲載されています。写真に写っている個人の多くはすでに亡くなったと考えられるものの、現在もご存命の方がおられる可能性があります。

Untitled.Showa の目的は、これらの写真に写っている個人またはその家族を探し出し、見つかった場合には彼らにオリジナルの写真を返却し、その特定の画像をウェブサイトや関連の活動から削除して「Reunited」(再会済み)と文字で置き換えることです。

オーストラリアと日本では現在、許可を得ないまま個人の画像や所持品が一般公開されていることについて、個人を守るための特定の法律はありません。しかしUntitled.Showa では、以下の点で個人が守られることを支持します:

  • 誹謗中傷されないこと
  • 誤って伝達されないこと
  • 日本国憲法の幸福追求権

Untitled.Showa はいかなるときも、個人の画像や所持品を用いて個人の評判を傷つけたり、誤って伝えたり、あざむかないよう、また幸福追求権を妨げることがないよう、誠実に向き合い注意を払っています。

Share this