About this project

Untitled.Showa

Untitled.Showa is an online portal for solving a mystery and making new meanings through found photographs. Contributors attend workshops and interact with a collection of old photographs from Japan, found in Australia, to solve a historic puzzle with the view to collectively finding ways to (re)patriate the original prints to the family, the copyright holder or to an appropriate archive, and in real time, participate in the unfolding of a contemporary story. 

Untitled.Showa はオーストラリアで発見された 古い日本を通し、新しい物語を生み出す参加型ウェブポータルです。ファウンド・フォト『発見された写真』(found photos) をご遺族に返却する、または法的著作者を探すなど、今後これらの写真の行き先を探すプロセスを参加者の皆さんと共に リアルタイムで見出していくことの出来るポータルサイトです。

Background

One day in 2015 I found a collection of photographs in a flea market in country Victoria. They were photographs of Japanese people taken in Japan, mostly from the 1930s to the1960s. The same people appeared in different situations, giving the impression they were from one family. The images were taken by a skilled photographer or photographers. The stall holder told me the photographs came from a deceased estate in Geelong; that was all he knew.

What were these photographs doing in Geelong? Who was the deceased, and why did they have them in his or her possession? Was he or she the photographer, a collector of old photographs or a family member of the people in the photographs? Was the deceased Japanese? Living in Geelong? Why were there no photographs taken in Australia?

How could we locate the people in the photographs or the photographer/s and their descendants? Should they be returned to someone in Japan? Or in Geelong? What if they didn’t want them? Should items lost or forgotten be left alone? What would the outcome be if the processes of asking and answering these questions involved many people? Together we could go through the process of discovering the little known history of the Japanese and the people of Australia (Geelong), and in the process give new meaning and a place for these once lost photographs.
.

2015年のある日、オーストラリアの田舎街のフリーマーケットに多数の日本の写真が袋詰めにされた状態で売られているのに驚き、つい、購入してしまいました。 1930年代頃から60年代にかけて日本で撮られた日本人の写真です。 同じ人が異なる状況で現れ、一つの家族写真集のような印象を受けました。写真は全て普通のスナップとは違い、 技術的にも優れたものです。

マーケットの店主はそれらの写真はジーロングの故人の家から出たものだと教えてくれましたが、それ以上のことはわからないとのことでした。 写真はなぜ日本を遠く離れたジーロングにあったのでしょうか。ジーロングで写真を残し 亡くなった方はいったい誰だったのか。なぜ数多くの日本人の写真を 持っていたのだろう。ジーロングに住んでいた日本人だったのかもしれない。もしそうだとすると、コレクションのなかになぜオーストラリアで撮影をした写真が一枚もなかったのだろう。故人は写っている人たちの家族だったのか、それとも写真を撮った写真家だったのか。単なる古い写真のコレクターだったのか。遺品を相続した人はその写真をなぜ手放したのだろう。

写真の中の人や写真家の子孫を探し出し、返却することは可能だろうか。著作権の持ち主を探すことは出来るだろうか。それともジーロングのどこかにアーカイブ出来るだろうか。もし欲しくないと言われたらどうしよう。忘れられ、失われた遺品や記憶はそのままそっとしておく方がいいのだろうか。そして、これらの疑問を 私だけではなく多くの人が一緒に考えることが出来たら、その過程や結果はどう変化するだろうか。参加者の皆さんと一緒にこうした疑問への答えを探ることで行き先を無くした写真に新しい意味や正しいアーカイブ先を与えることが出来るかもしれないという思い、このUntitled.Showaのプロジェクトを始めました。