Chie, the Collaborator 稚恵さんとのコラボ

I am not alone!

Designer, web developer and friend, Chie Muraoka has agreed to join my search to solve the mystery of the found photographs.

Nine years ago, my friend Anni Cleary, aka the Afactor, passed away. She wrote programming languages, and gifted me a website back in 1998, when not many of my contemporaries had their own websites. I needed a new website, but instead of starting completely anew, which was the way most web designers thought it best to proceed, I wanted to keep my online history intact. I wanted to keep Afactor’s work to be kept alive.

Enter Chie. Chie made me a new website, incorporating Afactor’s legacy.

In 2013, Chie and I began working together on a website for Nikkei Australia, a group of interested individuals who promote the research, study, arts  and cultural practices and community information exchange about the Nikkei diaspora in Australia. We also collaborated on The Cowra Japanese War Cemetery Online Database, a bilingual resource which provides individual information on 524 graves in the Cowra Japanese War Cemetery, located in Cowra, New South Wales; and Cowra Voices, a geo-locative smartphone app, much like a heritage trail app with oral history recordings, exploring Cowra’s unique story of civic peace and reconciliation, especially with Japan.

In times of lockdown, it is apt to find ways to transfer our projects online, and Chie has come to the rescue yet again.

So finally, I am not alone. Chie is working with me again!

Chie Muraoka, the collaborator コラボレーターの稚恵さん

Chie and Mayu working together online 稚恵とマユオンラインにてコラボ

自分はやっと、一人ではない。

デザイナー兼ウェブ開発者の友人、村岡稚恵さんが、写真の謎を解くための探索に参加してくれることになった。

9年前、友人のAnni Cleary(別名Afactor)が亡くなった。彼女はプログラミング言語を早くから学び、ウェブサイトをプレゼントしてくれていた。彼女が亡くなってしまい、

新しいウェブサイトを必要としていた頃、ほとんどのウェブ・デザイナーは再度サイトを作り直し、新しいものにするのを勧めていたが、自分は自分のオンラインの歴史をそのままにしておきたいと思っていたし、Afactorの仕事を存続させたいと願った。

村岡稚恵さんがここで登場した。稚恵さんは、Afactorの遺品を取り入れた新しいサイトを作ってくれた。

2013年には、オーストラリアの日系人ディアスポラの勉強、研究、芸術と文化の実践、コミュニティの情報交換を促進するグループ、日系オーストラリアのウェブサイトの制作に、稚恵さんと一緒に取り組んだ。また、ニュー・サウス・ウェールズ州カウラにあるカウラ日本人戦争墓地の524のお墓の情報を提供するバイリンガル・データベース「カウラ日本人戦争墓地オンラインデータベース」や、カウラの戦後の日本との和解や平和運動に関するオーラルヒストリーを収録した、スマホ・アプリ「カウラ・ヴォイセズ」でも共同作業を行なっている。

ロックダウン時には、プロジェクトをオンライン化するのが相応しい。稚恵さんがまたもや救助に来てくれた。

自分は今、やっと一人ではなくなった。稚恵さんがまた一緒に仕事をしてくれることになったから!

Mayu Kanamori April 2020
2020年4月