Satsuki Odamura’s improvisation in response to Untitled.Showa on bass koto:

小田村さつきのリスポンス即興 十七弦箏:

En (縁)

 

Rin (輪)

 

Artist’s Statement

There is a nostalgic smell to these many photographs, as if they fell from my parents‘old photo album.

It is clear they were taken in Japan. Why were they in Geelong… and these photographs have wandered from place to place into Mayu’s place…  is there something they need to say? I feel a mysterious sense of “en” (Japanese for fate / chance connection / relationship).

 

アーティストの言葉

両親の旧いアルバムから出てきたような写真の数々、懐かしい匂いがする。
明らかに日本で撮られている写真、どうしてジーロングに、、、その写真がめぐり巡ってマユさんのところに、、、何か訴えたいことがあるのか、、、不思議な縁を感じる。

Posted July 2020
2020年7月投函

 

Satsuki Odamura
小田村さつき

小田村さつき / アーティスト提供

小田村さつき / アーティスト提供

Satsuki is a leading koto player, who has pioneered the teaching and performing of this ancient Japanese instrument in Australia. Since her move to Australia in 1988, she has inspired a number of Australian composers to write for her instrument, and has worked with a number of musicians from other genres, including jazz, classical and other styles. She has recorded three of her own albums in collaboration with Australian musicians and, in the process, has found new and exciting contexts for this traditional Japanese instrument.

日本古来の楽器である箏の指導と演奏をオーストラリアで先駆的に行ってきた第一人者。1988年オーストラリアに移住して以来、多くのオーストラリアの作曲家にインスピレーションを与え、オーストラリアの琴曲を生み出し、ジャズ、クラシック、多種ジャンルの音楽家と共演を続けている。今までにオーストラリアの音楽家とのコラボレーションによるアルバムを3枚制作し、日本の伝統的な楽器である和楽器に新しい刺激的な文脈を見出している。

Website ウェブサイト:
https://satsukikoto.com.au/

Ensemble website アンサンブルウェブサイト:
https://www.kotoensemble.com.au/